Ry Cooder

9450

1970 – Ry Cooder

ダイナミズム溢れるギター・ワークと独自の音楽探究スタイルの見事な成果!
スライド・ギタリストとしてその存在を知られ、
また並みのシンガー・ソングライターには見られない、
特異な個性で注目されていた、ライ・クーダーの堂々たるデビュー・アルバム。
アメリカン・ミュージックのルーツへの長い旅がこの1枚から始まる!

cover
1971 – Into The Purple Valley

1972年の年間ベスト・アルバムと絶賛されたスライド・ギターの名手、
ライ・クーダーの代表作といえるセカンド・アルバム。
プロデューサー:レニー・ワロンカー&ジム・ディッキンソン

cover
1972 – Boomer’s Story

さらにアメリカン・ミュージックの新たな地平を求めて—
ブルース、R&Bという南部のアメリカン・ミュージックを追い求めて、
得意のスライド・ギターやマンドリンをフィーチャーして作られた、
アメリカを旅する男の物語。

 cover
 1974 – Paradise and Lunch

アメリカン・ノスタルジアからパラダイスへ—
とてつもなく幅広い題材を、抜群のアレンジと大熱演で完璧に消化した、
陽気でハッピーな名作中の名作!1年に及ぶ真摯な探究がついに生み出した、
傑作4thアルバム。

 cover
 1976 – Chicken Skin Music

偉大なるアメリカン・ミュージックの求道者にして体現者である、
ライ・クーダーの5th!
テックス・メックスとハワイアン・スラック・キーをルーツに、
より多様に幅広い新境地に挑み、華やかな話題を提供した傑作。
名曲「スタンド・バイ・ミー」もカヴァー収録!

 cover
 1976 – Show Time

1976年12月、サンフランシスコ、グレイト・アメリカン・ミュージック・ホール。
アメリカン・ミュージックのエッセンスがつまりに詰まった、
ライ・クーダー唯一のライヴ・アルバム!
多様な音楽を貪欲に吸収し、
目覚ましい成長をとげてきたライ・クーダーの集大成ともいえる、
味わい深いステージ!

 folder
 1978 – Jazz

アメリカ・ポピュラー界きってのサウンド・クリエイター、
ライ・クーダーの次なるターゲットはジャズ!
ロックの概念を破りつづけてきた男が、
ジャズへの限りない愛情を独自の手法で表現してみせた超話題作!通算7作目。

 ry_cooder_-_jazz_a
 1979 – Bop Till You Drop

R&Bのヒット・ナンバーを、その鋭い洞察力で見事なまでに蘇らせた名盤!
常に意欲的に新たな音楽をさぐり出し、
巧みに独自のサウンドに仕上げてしまうライ・クーダーが『ジャズ』に続いて魅せた、
古き良きR&Bのエッセンス!

 cover
 1980 – Borderline

常に新たな意匠に富んだサウンド・クリエイトと、熟練のプロダクションの結実!
アメリカを越え、メキシコ、ハワイ、カリブへと広がっていく
ライ・クーダーの国境のない良きサウンド。
親しみを持って迎えられた通算9作目!

 ry_cooder_-_borderline_a
1982 – The Slide Area

スライド・ギタリスト、ライ・クーダー健在!
音楽料理人としての顔に加え、久々の熱いギター・プレイが堪能できる贅沢な傑作アルバム。
オリジナル・チューン、ヴォーカル、ギター・プレイのすべてが凝縮された、
ライ・クーダー異色の力作!

 cover
1987 – Get Rhythm

ハワイアン、ジャズ、オキナワ・・・
遂にベールを脱ぐ正真正銘のアメリカン・ミュージック!
あらゆるアメリカン・ルーツ・ミュージックを独自のロックへクリエイトする、
鬼才ライ・クーダーの待望作!
オリジナルの書き下ろしも意欲的に、5年半振りとなったソロ・アルバム!

cover
1974 – The Record Plant California

 

1988 – Pecos Bill front
1990 – David Lindley & Ry Cooder – Eel River Live 1990 David Lindley & Ry Cooder -  Eel River Live 1990-front
1993 – Ry Cooder & V.M. Bhatt – A Meeting By The River
1994 – River Rescue, The Very Best Album Art
1995 – Music By Ry Cooder Ry Cooder - Music By Ry Cooder - Front
1995 -Ali Farka Toure with Ry Cooder – Talking Timbuktu
1997 – Buena Vista Social Club
2003 – Ry Cooder & Manuel Galban – Mambo Sinuendo
2005 – Chavez Ravine
2007 – My Name Is Buddy
2008 – I, Flathead
2008 – The Ry Cooder Anthology – The UFO Has Landed
2011 – Ry Cooder – Pull Up Some Dust And Sit Down
2013 – Ry Cooder and Corridos Famosos- Live at The Great American Music Hall

 

1992 – Little Village – Little Village
Live Bootleg
1974-05-16 New York
1976-12-13 Santa Cruz
1976-12-15 Ry Cooder and The Chicken Skin Band
1979-10-02 David Lindley & Ry Cooder Perth
1984-08-04 Cotati Cabaret Cotati CA
1987-03-23 Cotati
1992-04-26 – Little Village – Boston, MA
2009-06-27 Ry Cooder & Nick Lowe Rome Italy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です